白夜城ブログ

73



 運転する事二時間。
 海に一番近い路上に停車させ、荷物を下ろすとコマちゃんの案内で別荘に向かった。トキと少年達は荷物番兼パラソル立て。
 私はコマちゃんの案内で、女の子達つれて別荘へ。
 結局、ハルナはついて来た。意外にも叔父さんの許可が出たのだ。もちろん私がしっかり監督するって条件でだけど。
 それとコモちゃん。まあ、男ばっかりよりは女の子がいた方が私も気楽だ。コモちゃんなら、文通もしたし、知らない仲ではない。でも間違いがないようにしっかりと見張っていなければならない。ハルトも今までは成人女性だったが、万が一にも高校生のお嬢さんと間違いがあるのはよくない。責任を取れない相手に責任の取れない事をするな。それが私の持論だ。
「おお、ペンションみたい」
 私は車から降りて、二階建ての立派な建物を見て言った。
「元はペンションだったのを安く買ったらしいよ」
 そうなんだ。さすが金持ち。うちみたいな宝くじ成金とはやはり違う。
 私達は荷物を下ろして、夕飯と朝食用の食材を冷蔵庫にしまい、客室で水着を着た。二人部屋だったから、私とハルナが一緒の部屋で、コモちゃんが一人部屋だ。これはこれで不安だけど、まあ隣の部屋だし大丈夫だろう。
「あーあ」
 ハルナが私を見て、なぜかため息をついた。
「どうした」
「なんでもないよ」
 よく分からんが、ハルナはふりふりと可愛いタンキニの上に、Tシャツを着て膝丈のスカートをはいた。
 若い子はふりふりが似合って可愛い。いや、美少女は、か。私と違って可愛い子だからねぇ。
 私は水着の上にTシャツと短パンをはいて、さらに長袖のパーカーを羽織り、荷物を持って部屋の外に出た。外では既に着替えたコモちゃんが待っていた。この子は本当にほっそい子だ。ショートパンツから伸びる長くて細い足が眩しいね。膝下が長い、本当に綺麗な足だ。顔も可愛いし、味覚オンチさえ完治すれば完璧だね。
「さ、行こう」
 コマちゃんに案内してもらい、徒歩で海に向かう。悪いけど私は方向音痴だから、ナビとか案内がなければ、来た道を戻る事すら出来ない。だから海から別荘に戻る自信すらない。はぐれないようにしなければ。
 十分ほどかけて到着すると、暇だったのか既にバーベキューコンロの準備まで出来ていた。気の早い。
「肉持ってきたぞぉ」
 コマちゃんが小さなクーラーボックスを持っていると思えば、どうやら管理人さんか誰かに肉を準備してもらっていたらしい。
「っていうかトキ、あんたもう飲んでるの? 泳ぐなよ」
「いいじゃない。浮き輪もあるし、一本だけよ」
 脱いだら意外と細マッチョなトキが、缶を前に突き出して主張する。なんつーか……
「あんた、脱いでその話し方やめて。一見普通の男だから、よけいにガッカリするから」
 私は彼の隣にしゃがみ込み、私の理想の肉体美を誇る胸板をばしばしと殴る。硬いし。
「くそ、いいな筋肉。細マッチョ」
「あら、ハルカちゃん筋肉好きなの? 筋肉といえば真琴じゃない」
 私はさわやかに微笑むマッチョをちらっと見て
「ゴツイのは見ても楽しくない。細いのがいいの。私も男だったらこんな感じに鍛えたかったのに。いいなぁ、筋肉」
 女で筋肉付けすぎるとバランスが悪くなるからね。ちょっと腹筋が割れてきたぐらいで止めるのが一番綺麗。だからこんな筋肉が羨ましい。
「ハルカちゃん、男達が打ちひしがれてるわよ」
「なんで?」
 進学校の高校生らしい、貧弱な少年達がパーカーを羽織り始めていた。ハルトが一番ダメージを受けている。
「大丈夫。私は今ぐらいが好きだから」
 コモちゃんがフォローするが、ハルトは立ち直れていない。
「大学に進学したらもっと鍛える」
「ふふふ、一緒のジム行く?」
「やっぱりジム行ってるんだ」
 ハルトは時に誘われて、かなり心が傾いていた。
 まあ、女の子と違って男は化粧しない分、そっちに金をかけると思えば無駄遣いでもないか。大学に行って、自分でバイトしてする分には文句はない。

backmenunext
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2011/02/03   推定家族   961コメント 5     [編集]

Comment

 

-7282     2011/02/04   [編集]     _

25才女です。
確か詐騎士でドSコンビが登場した頃からお邪魔するようになりました。

やえ7283     2011/02/04   [編集]     _

16歳女です。
魔女弟子の一部から読ませて頂いてます。
詐騎士大好きです!

麻川7285   麻川   2011/02/04   [編集]     _

24歳女です。天使とあたし→魔女弟子→青息→詐騎士と入りました。どれも好きです。時期は青息で中国人の女の子(中華料理得意)が出て来た辺り。

kiki7288   23女です。   2011/02/05   [編集]     _

魔女弟子の一部後半からほぼリアルタイムで拝読しております。
詐騎士の書籍化おめでとうございます。
ハルトくんの幸せを願ってます。

みー8801     2012/03/04   [編集]     _

続き気になってます(>_<)
詐欺士も好きだけど、推定家族もたまに更新してほしいです(^O^)/


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.