白夜城ブログ

4


 優等生と比べられた時、それが当然だと思う子と、優等生に対して敵意を持つ子がいる。マデリオは後者だった。
 カランがアディスの出したお題に沿って、見事に魔術を使いこなして最小の力でクリアすれば、マデリオは力押しでクリアする。
 その差が分からないほど馬鹿ではないマデリオは、むきになって頑張るが、荒れているので力押しになる。いくら底力はあろうと、実力を出し切る事の出来ない相手など、実際に手合わせをさせてみても、カランにとってはまさに赤子の手をひねるような物であった。
「わかりましたか。これが歴然とした技術の差。経験の差です。
 例え当たれば死んでしまうような攻撃だったとしても、当たらなければ全く意味がありません。捕まえられない相手は、私達を容赦なく傷つけるでしょう」
「アーネスならどうするんだよ」
「足を止める。時には優しく、無傷で止める事すらあります」
「なんで無傷なんだよ」
「ろくでもない相手だけと敵対するわけではないからです。例えばエスカが何かに取り憑かれて暴れたり、自傷するような事があった場合、対処できますか?」
「う……」
 子供相手に、無理な事を要求する。しかし、マデリオにとっては、笑えない話だ。
「そう、今の君には出来ないな。エスカがウルのように、色々な魔物を支配していたら、君が出来る必要はありませんが、現状では彼女を守るのは君です。戦える事よりも、守れる事の方が重要なんですよ。この違いは理解できますね?」
 マデリオは頷く。
「カランは守るべき存在がいない。しかし君にいる。カランは庇護してくれる強者がいる。でも君はその立場にならなければならない。
 この差がどれほど大きいか、背中に命を感じている君には理解できると信じています。
 幅広い力の使い方が出来る事は、守るべき人がいるならば重要です。魔術師や悪魔に関わると、そういう事が少なくないので、乱暴なだけの力の使い方を改めなさい」
 マデリオは理解と不服、その半々といった表情を見せた。
「私は暴力のための野蛮な強さは好きではありません。
 今回はそのような事を教えるつもりでしたが、今は説明するまでもなく、その意味が理解できますね?」
「うぅ……」
 渋々と頷いた。どこぞの悪魔が子供だとバラしたおかげで、彼の素直さが消えてしまっている。
「マデリオ、そのような嫌々の返事など聞きたくはない。
 私が何を求め、なぜカランと比べたか分かりますか?」
「カランの方が、上手いから……あと、判断能力があるから?」
「そう。マデリオは魔力に任せて力押し。しかも周囲を見ていない。
 出来ないのは仕方がないが、その二つは見逃せない欠点です。それではスマートではない。
 そう、格好良く無い、と言った方がいい」
 マデリオは絶句した。
「……格好良いとかの問題なのか?」
「愚かな事を。では、あちらを見なさい」
 アディスは指先に魔力を集め、印を描き、呪文を唱える。
 そして空いた手で印の上で、指先を光らせながら、指を鳴らした。
 光式と音式を合わせ、ものの二秒で発動させたそれは、マデリオの視線の先にあった枝を爆ぜさせた。落ちた枝は、マデリオのすぐ脇に落ち、彼は振り返る。
「な……なんか格好よかったっ!」
「でしょう。スマートなやり方は、格好いい。力を抜いて、余裕に見せかけて、このように余裕を持っていれば格好いい。しかし力んで、頑張っていますというやり方は、どうにも不細工で好かないのですよ。
 余裕の持てない男は格好悪い。余裕のないやり方は弱い。私はそう思って日々自分を磨いています」
「格好いいと強いのか」
「そう。余裕があると、強そうに見えるでしょう。君と見た目が同年代のカランを見て、どう思いますか?」
 マデリオはカランの無表情を見て唸る。
「か、格好いい……」
 マデリオは唸りながらもカランを認めた。
「彼は特殊な訓練を受けているから感情を表に出しません。冷静沈着であるから、隙があれば勝機を逃しません。格好いいでしょう」
「うん」
「マデリオも余裕のあるいい男を目指しなさい。焦りは禁物。大切なのは出来るまで反復する事。人知れぬ努力は、格好悪い事ではありません。次は力まず、焦らず、ゆっくりやりなさい。
 格好いい男には、密やかな努力が必要です。先ほどの光式魔術も、最近血の滲むような練習して身につけました。そこから出来る事の範囲が広がり、私はますます出来る男になるのです」
「……っく、格好いい」
 聖良はとうとう首を傾げた。
 洗脳されていくマデリオの純粋さにつけ込むやり方も然る事ながら、ただのナルシストのどこが格好いいのか、理解できなかったのだ。

誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2011/01/08   下書き   940コメント 6     [編集]

Comment

 

さい7041     2011/01/09   [編集]     _

こんばんわ。通りすがりのものですが、今回の更新に爆笑しました……君は間違っていると言われると反発したくなるが、君は格好悪いと言われると直したくなる気持ちは分かるw

-7043     2011/01/09   [編集]     _

洗脳されてる、洗脳されてるwwww
笑った

-7045     2011/01/09   [編集]     _

途中からニヤニヤしながら読んでました、読み直しつつさらににやけて読みました。

-7047     2011/01/09   [編集]     _

この洗脳方法は、男の子によく効く方法だよな~

ノクシャス7048     2011/01/09   [編集]     _

せ、洗脳されてる。子供可愛い。

とランド7050   ……洗脳もそうだけど……   2011/01/09   [編集]     _

アディスが使った魔術を見て、某錬金術師を思い出して吹いた


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.