白夜城ブログ

3



 聖良は新しい服を買った。土産として、聖良本来の姿に合うワンピースと、涼しげな上着もいくつか買った。この国は虫が多いらしく、虫除けのハーブなども売っていたのでその種も買った。去年は虫が多い時期は崖の上で生活していたため、虫はあまり気にしていなかったが、下の家で過ごすならば気にしなければならない。
「蚊帳も買ったし、他に何がいりましたっけ?」
「さぁ。すぐに必要な物はないと思いますが」
「そうですね」
 服はある、虫除けはある。あとは
「日焼け止め……って、二酸化チタンが必要か。ないですよねぇ……」
 レンファに聞いたとしても、首を傾げられるのが落ちだ。必要であると知っているのと、それが何であるか知っているのは違う。
「帽子。つばの広い日よけ用の帽子が欲しいですね。ガーデニングする時のために」
「モリィはガーデニングをするの?」
 エスカの問いに、聖良は笑みを浮かべて頷いた。
「ハーブとかを育てて、お菓子やお料理に使うんです」
「大人の趣味ねぇ」
「そう?」
 聖良は首を傾げた。ガーデニングは子供の頃から母と一緒にしていた。親子で出来る簡単な趣味だと思っていたのだ。この国では珍しいのかも知れない。
 聖良はあまり植物が見あたらない通りを見て、そう思った。
「えっと、うちは大森林の中にあるから、買い物にはアーネスの背に乗らなきゃいけないし、不便なんです。マデリオ君みたいにできたらいいんですけど」
「そうなんだ」
 マデリオはアディスより優れた点がある事を認められて、少し離れたところで、自慢げに笑っていた。近づいてこないのは、散々絞られたからだ。
 もう一人の子供のカランは、アスベレーグに構ってもらっていた。
「ねぇ、あれ何?」
「あれは魔除けだ。悪鬼を食らうと言われている聖獣だ」
「ねぇ、あれは何」
「あれは笠だ」
「ねぇ、あれは何」
「看板屋だ」
「ねぇ、あれは何」
「子供は知ってはいけない店だ。大人になってから自然と分かる」
「ねぇ、あれは何」
「助けてくれ」
 カランの子供特有のアレナニ攻撃に根負けし、アスベレーグが音を上げた。聖良はため息をついて、まだ聞きたそうにするカランに向き直る。
「カラン、百科事典を買いましょう」
「ひゃっかじてん?」
「そうです。疑問に思ったら聞くんじゃなくて調べるんです。それでも分からないときとか、調べ方が分からない時に聞いた方が、双方のためです。調べるって事は、とても勉強になりますからね」
「うん、わかった」
 カランの美点は、聞き分けが良いところだ。命令には絶対服従とも言うが、聖良は命令した事はない。
「そこで拗ねているクソガキ。少しはこの向上心と知的好奇心を見習いなさい」
 アディスにクソガキ呼ばわりされ、無視されて拗ねていたマデリオは、ぷいと顔を逸らした。
「自分だってガキのくせに」
「自己申告しなければ、誰も気付きません。しかし君は、大人の姿をしていても、子供っぽいと言われるでしょう」
「ぐっ……」
 アディスは大人げのない反論をしている。ますますいじけたマデリオは、足下の小石を蹴って、妙な跳ね方をして聖良の足に当たる。
「ご、ごめっ」
 聖良は額に手を当てた。叱るべきか、慰めるべきか。
「まったく、そうやって物に当たる短気さを直しなさいと言っているんです」
 聖良もアディスの言葉に賛同して頷いた。
「そうですねぇ。もっとクールな男にならないと」
 短気でおっちょこちょいな子供は可愛いが、その子供が凶悪な力を持っていて、うっかりそれで人を傷つけるようなら可愛いとは言っていられない。
「クール?」
「そう、クールです」
 聖良は足下の小石を手に取った。そして鞄を構え、小石を投げる。カランへと。
 聖良が鞄で顔を庇った瞬間、ぼすっ、と鞄から音がした。確認はしていないが、カランは投げつけられた石を無意識に掴み、無意識に投げ返したのだ。
「ほら、慌てず騒がず、クールです」
「何か違うような気がしますが」
 きょとんと子猫のように首を傾げて見つめるカランを見て、アディスが反論した。
「でもカランは、将来クールで格好いい男の人になりますよ。彼に必要なのは、一般常識だけですから」
「順序が逆ですね。足して割ったらちょうど良いのですが」
 幼い人間だが器用で規格外で非常識なカランと、上位悪魔だが不器用で何も出来ないが常識は知っているマデリオ。二人は正反対だ。
「よし、帰ったらカランはマデリオと遊んであげなさい」
「あそぶ?」
「ええ、遊びましょう」
「その前に、お腹すいた」
 カランは腹をさすってアディスを見上げた。彼は小さな身体でよく食べる。アディスは笑みを浮かべて、カランの癖っ毛をなで回した。

誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2011/01/06   下書き   938コメント 1     [編集]

Comment

 

G.G.7039     2011/01/06   [編集]     _

カランの「遊び」はマデリオでも危ないような……
ま、悪魔だから大丈夫かな?


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.