白夜城ブログ

今日はドリーム大賞の発表がありました。
投票してくださった皆さん有り難うございます。
メールには最短だと6日に発表すると書いてあったから忘れてた。
やっぱりいつもの時期に発表されたようだ。
意見がまとまらなかったのかな。


構想三年の話と書くと、とても格好いいような気がするけど、実際には考えるだけ考えて書かなかっただけの話を、ようやく一話だけ書いてみたんですが、話の組み立て方と、毎度おなじみですが、タイトルが決まらなくて悩んでいる。
冒頭として書いたシーンがあるのと内のでは、どっちがいいかとか。
キャラ立てが出来て、今後のキャラ達の関係がはものすごくよく掴めるけど、掴めすぎて幅が狭くなる。
ネウロ系のミステリの皮を被った何かだから、さすがに冒頭で情報を出し過ぎてもバランスが悪い。
ジャンル的に、書きたい事と、書くべき事のバランスを取るのが難しい。
このままほっとくと次の話が書き上がるのは、きっと来年になりそうだから、下書きとして明日から表に出してみようと思う。
で、最後に冒頭を出して、読者的に冒頭に入れてもいいかどうか意見を聞きたい。


青色はぼちぼち書いています。
弟子は書いてないなぁ。気が乗らない。そのうち推定みたいに一気に書き上げる日が来ると思います。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2010/07/15   日記   808コメント 0     [編集]

Comment

 

Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.