白夜城ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

--/--/--   スポンサー広告     [編集]

66

 ハルカさんは飛行機の中で、サーターアンダーギーに食らいついている。
 さっきごちゃごちゃしたアーケード街でお昼を食べたばかりでも、甘い物は別腹らしい。
 耳栓をしてしまって、話も出来ない。寂しい。
 帰ったら帰ったで、食べた分の運動を頑張るのだろう。女の人の痩身への渇望は、目を見張る物がある。
 仕方がないので、俺もサーターアンダーギーを食べる。シンプルな味のドーナツとか好きだから、これ大好きだ。
 飛行機は何事もなく離陸し、飛んで、着陸し、ハルカさんが開放感いっぱいに伸びをして再び言う。
「ああ、もう二度と乗りたくないもんだ」
 ……新婚旅行は電車で行ける距離の方が良いかもしれない。
「そうだ。次は北海道か九州に行こうよ!」
「何、唐突に」
「次の旅行。大学入って、アルバイトしてお金貯めるから」
「あんたは……」
 ハルカさんがため息をつく。
 呆れられても良いんだ。まあ、時間はたっぷりある。
 家に戻ると、ハルカさんはすぐに携帯で電話をかけた。
「土産あるから欲しかったら取りに来て」
 これはたぶんトキさんだ。
 俺は正式名称の決まっていない金魚たちの元へと向かう。
 よし、全部生きている。
 ハルナちゃんに電話して、餌をあげていないか尋ねる。
「ハルカさん、ハルナちゃん帰りに寄るって」
「出前だけど夕飯いる?」
「えーと……なら泊まるって」
「分かった」
 ハルカさんはピザのメニューを広げてテーブルに置く。
「適当に選んで」
「はーい、納豆!」
「あんた好きだよねぇ」
 ハルカさんも好きなくせに。
 他にいくつか候補を出し、ハルカさんはネットで注文をする。ネットで注文すると、サービス品がついてくるらしい。
「俺、デリバリのピザって友達んちで一回しか食べた事無いんだ」
「今時珍しい……そっか。お年寄りは食べなさそうだもんね」
 ハルカさんはお土産と自分ち用の食べ物を仕分けながら言う。それが終わると二階に上がっていつものようにパイル地のパーカーとショートパンツ姿で下りてきた。
 さらに時間が経つと、ピザが届いて、その後すぐにハルカちゃんが帰ってきて、トキさん達も仕事を終えてやって来た。
「ハルカちゃん、本当に真っ白ねぇ」
 メールで伝えてあったけど、実際にその証拠を見てトキさんは呆れて言う。
「っさい。
 ハルナ、これあげる。キワさんには泡盛と豚買ってきた。トキには島唐辛子各種。あとおばさんにお茶」
 ハルナちゃんにはガラスの小物入れ。綺麗で可愛くて実用的だ。
 トキさんもガラスの予定だったけど、好みに合わせると高かったからやめたらしい。
「ありがとう、ハルカちゃん。ところでハルカちゃん、ハルト君のベッドに潜り込んだんだって? 昔から変わらないわねぇ」
「やっぱり昔から……」
 トキさんにもやった事があるんだろう。ハルカさんはふてくされて納豆ピザにかぶりつく。
「ハルト君はよく耐えたわねぇ、えらいわ。ハルカちゃん、身内とはいえ健全な男の子にひどい事するんじゃないの」
「ひどい?」
 ハルカさんは顔を顰めた。
「ハルカちゃんは弟と同じだと思ってるかも知れないけど、イトコは結婚だって出来るのよ。身内だけど他人に近いの。私だったらハルカちゃんが相手でも食べちゃうわよ」
 ハルカさんは心なしか顔が強張った。
「面食いのアンタが?」
「そうよ。それだけ同じベッドってのは威力があるの。同じ部屋までは私も大丈夫だけどねぇ」
「うーん……」
 納得がいかないらしく、腕を組んで唸る。
「そうねぇ。相手がキワさんだったら?」
「一緒の部屋なんて無理」
 本当に危ない人が相手にはちゃんと警戒するんだ……。
「でしょう。本当は私もハルト君もそのレベルで警戒しなきゃダメなのよ」
 それでもまだまだ腑に落ちないらしい。
 トキさんに警戒心が働かない気持ちは、何となく理解できる。それと同じ扱いなんだ、俺。
「うーん……とりあえずごめんね、ハルト」
 とりあえずなのか。
「いいよ。怯えるハルカさん超可愛かったから」
 ハルカさんは顔を赤らめて、つまみのミミガーに食らいついた。


backmenunext


私は無類の軟骨好きなんですよ。コリコリの触感がたまらん。あと豚足も好きです。
たまにゲテモノ扱いされるのが心外だ。
味付け無しは通販でしか手に入らないから、とても有り難いです。

誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2010/07/12   推定家族   806コメント 5     [編集]

Comment

 

とーこ6141     2010/07/12   [編集]     _

とりあえず何事もなく帰宅しました。
ホテルか車の中の事しか書いていないけど、私の思い出って+雨だったからなぁ。

重虎6142     2010/07/12   [編集]     _

ハルカさんが照れてる・・・!
これで多少は意識するようになったり・・・はしないんだろうなぁ(笑)
ハルカさんだし


とーこさん自分も軟骨大好きです
歯応えが堪らない
豚足とかはまだ食べたこと無いのでわからないですが

-6143     2010/07/13   [編集]     _

軟骨美味しいですよね!
ミミガーや豚足は中国に行った時、それとは知らずに食べましたが、美味しかったです。
日本の味付けのも食べたいんですが、機会が無いまま今日にいたっています…。

-6144     2010/07/13   [編集]     _

ミミガー、チラガー、ラフテー、豚足・・・等など
沖縄の豚料理は全て好き!
軟骨も大好き!
豚足がゲテモノ扱いだなんて・・・orz

今回の沖縄旅行は、ハルカさんが可愛くて堪りませんでした!

ルカ6145     2010/07/13   [編集]     _

豚足……ケダモノ扱いなんですね(ノД`)
軟骨ソーキってご存知ですか?
コリコリして美味しいんです。更に頑張って煮ると、コリコリの軟骨がプリプリになって更に美味しいんです。


そして納豆ピザ…びっくりです。そんな物まで……


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。