白夜城ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

--/--/--   スポンサー広告     [編集]

7 (中二時代)


 僕は学校が終わると、ハルカちゃんの家に来た。前に住んでいた家より、うちに近い所にある、うちよりも大きな家だ。
 ロトくじで一等を当てて、その半分以上を使って購入したらしい。
「ごめん、トキにーちゃん。なんかねーちゃん会いたくないって。昨日から荒れてるんだけどなんかあった?」
 ハルカちゃんの二つ年下の弟の和磨君は、母親に似て美少年だ。
 今更だけど、僕はハルカちゃんよりもこの子になら恋していたような気がする。昔から本当に可愛くて、女の子みたいで可愛いと、ときめいていたものだ。僕はどうやら性別に関係なく、綺麗な顔に弱いらしい。
「学校で色々とねぇ……」
「苛められている事に気付いた時も笑ってたのに……」
「気付いた時って……」
 気付いていなかったのか。
「いつごろ?」
「えっと、えと……プールが始まる前」
 お墓事件の頃じゃないか。
 ってことは、そこまで気付かなかったのか。苛められるよりも真琴に告白された方が荒れるって……。
 可哀相な真琴。まあ、からかわれていると思う方が自然なのかもしれない。真琴はそれだけ美少年だから。
「部屋の前まで行っていいかな」
「いいよー。おれはリビングで勉強してるから、好きにどうぞ」
 自分の部屋ではなく、わざわざ一階のリビングにいてくれるようだ。
 この気遣いは、我が道を行くハルカちゃんの弟だからこそ身に付いた物だろう。ちなみに顔もいいが頭もいい。母方の血にそういうタイプが多いらしい。羨ましい家系だ。僕に足りないのは頭の良さだからさ。まあ、並程度にはあるからいいけど。
 ハルカちゃんがすれたのも、出来のいい弟のせいなんじゃないかとすら思うほどに、和磨君は優秀な子だ。
「ごめんねぇ。じゃ、ちょっとお邪魔します」
 二階に上がると、ハルカちゃんの部屋の前に座った。
「ハルカちゃん、ちょっといいかな」
「トキ? 何の用?」
 たったそれだけの台詞にたっぷりと険が込められており、彼女がどれだけ不機嫌か分かった。
「ごめん」
「何が?」
「気付いてたのに、平気だろうと思ってほっといた」
 まさか鈴木さんがそこまでするとは……。
「あれの事なら自分で何とかするから帰れ」
 まあ、言うと思った。人に頼るって事をしないから。
「真琴の事なんだけど」
「だから帰れ」
「誤解しないで欲しいんだ」
「分かったから帰れ」
 ハルカちゃんは頑なな所がある。誤解を解くのは大変だ。鈍い分、悪意があると気付いたら徹底的にやる。
 真琴本人が誤解を解こうと動いても、信じてくれないだろう。
「真琴…………本気なんだよ」
 胸を押さえて、俯いて、ようやく言葉を吐いた。これが僕の精一杯の勇気だ。
「まったく、児玉達といい、あんたたちといい、最悪のクズ。胸くそ悪いから帰れ」
 僕ははっとして顔を上げた。
 今、ハルカちゃんはなんて言った?
「児玉……達?」
 児玉は一年の時に同じクラスでそこそこ仲良くして、一緒に遊んでいた奴だ。今はハルカちゃん、鈴木さんと同じクラス。
 そして顔だけは可愛い鈴木さんに気があるそぶりを見せていた。
「そっか……」
 そりゃ、信じないよな。
 児玉のバカが女にいいように使われて、最低な事を、本当に最低な事をしたから、真琴も同じだと信じて疑わなかった。僕がハルカちゃんでも、真琴の言う事は信じていなかった。
 だからここで僕が何を言っても無駄だ。何を言ってもハルカちゃんを怒らせるだけ。
 ハルカちゃんに顔も見せてもらえず、怒鳴られて、僕も真琴の気持ちが少し理解できた。もちろん痺れたりはしない。僕はそういう意味ではノーマルだ。潰してやろうと思った方の気持ちの方を理解できたのだ。
 真琴のような熱のある気持ちではないが、僕もハルカちゃんの事は好きだ。好きな相手に誤解を受けるのは辛い。
「信じてもらえるように、少し頑張るよ。結果を出したら、少しだけでも信じて欲しい」
 言葉ではダメだ。行動で示さないと。
 だから僕は立ち上がり、階段を下りた。
 まずは理解者を作ろう。
 手始めに、和磨君。事情を説明して、こちらが行動を起こすまで様子を見てもらう。ちゃっかり対価を要求されて、ご近所の美味しいケーキで手を打った。それで味方をしてくれるなら安いものだ。


backmenunext


イジメ物というと、これが好きだ。ちなみにホラーMです。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2010/06/17   推定家族   782コメント 2     [編集]

Comment

 

とーこ6000     2010/06/18   [編集]     _

本当はこの後に、橘川家のお気楽服襲劇を入れようと思ってました。
でも数話だけシリアスな展開になってしまう気がしたので、時系列順にしました。

-6001     2010/06/18   [編集]     _

イジメる側もえげつない手段使うなぁ。いくら気が強くたってちゃんと女のコだよーそりゃハルカちゃんも荒れるでしょう


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。