白夜城ブログ

4 (中二時代  橘川家)  ある日の夕食時。
 学校であった事を話していたら
「ねえちゃん、それイジメじゃ……」
「えっ!?」
 言われて初めて考えた。
 そう言われれば、イジメっぽい。
「てっきり相手の性根が腐ってるだけだと思ってた」
「腐ってるのには変わりないけどさぁ……もう少し考えて生きろよ。苛めてる方も反撃する天然が相手だと、イジメがいなさそうなのに……」
 二つも年下の弟に呆れられてしまった。
 しつこく絡んでくる連中がウザイとは思っていたが……まさか自分が苛められているとは!
「じゃあ、どうにかした方が良いのかな」
「どうにかって、どうすんの? 今まで気付かなかったのに」
「可愛い娘がイジメなんて、私が学校まで乗り込んだ方が良いのかしら?」
 弟が首を傾げ、母さんが水割り片手に言う。
 母さんだけには来て欲しくないと思った。
「ほら、やられた事はやり返さないと、ムカついて美味しくごはん食べられないからね。タダでさえ少ないのに……」
 大好きな揚げ物も、弟の半分しかない。まあ、大好きなワカメをたくさん食べれば良いだけなんだけどさ。
「やっぱり……ノートに落書きするのは筆跡が残るからダメだね。私くせ字だし。オカルトに見立てるのはどうだろう」
「いきなりやり返す方に走るなよ。極端だな」
「そうよ。やり過ぎはダメよ。犯罪はダメ」
 確かにそうだ。
「犯罪にならないように、か。自然発生してもおかしくない方法とか、嫌だけど実害はない方法でやり返すって事だね」
 私はヒレカツをつついて悩む。ヒレカツが美味しい。その美味しいヒレカツをもっと美味しく食べたい。
 やられて気味が悪い事。
 教室の机に花瓶を置くとかあれ系……。
「よし、お墓を作ろう」
「はぁあっ?」
 弟が素っ頓狂な声を上げた。
「タマのお墓」
「は?」
「って書いて土と……そう、玩具の蛇を入れたタンボールを机の上に置いとくの。よく机に落書きして備品を壊してる漫画あるじゃん。あれは犯罪だから、犯罪にならない嫌がらせとなると、何か害はないけどビビる物を置くのが一番だよ。置くだけでそれ以外の害はないし」
 私が力説すれば、二人は黙って沈黙し。
「なるほど」
 同時に納得してくれた。母さんもこれならOKのようだ。まずはミカン箱……はないか。なにか良い具合の箱をスーパーでもらってこよう。
「ハルカ、お父さんはお前が母親のちょっとアレな所だけ似て育って悲しいぞ」
「あなたは黙ってなさい」
「はい」
 父さんの発言を、母さんが叱った。うちの両親はラブラブだけど、基本的にカカア天下だ。父さんはこんな母さんが好きなようだから、いい夫婦なんだろう。
「私も昔よくやったわぁ。仕返しにセミの抜け殻を鞄に詰めたり」
「ちょ……」
 父が戸惑い。
「それはいいよお母さん。別に使い物にならなくしてるわけじゃないもんね! 汚れるだけだし、地味に嫌だし」
 私は指を立てた。
 弟が父さんの背中に手を置いた。そして何か思いついたように言う。
「あ、オカルトなら、そういえば蛇の抜け殻拾った。縁起が良いから持って帰ってきたけど、いる? 財布に入れておくと良いって言うけど、なんか臭くて捨てようかと思ってたんだ」
「あんた、そんなのどこから……。
 よし、ポチのお墓の後にやってみる。いきなり本物に近づいたらきっと怖い!」
 本物の蛇は可哀相だから使わない。あいつらよく見ると可愛いんだ。
「ねぇ、タマじゃなかったの?」
「ああ、そっか」
 どっちでも良いけど。
「でもどうやって仕掛けるの?」
「ほら、教室って下に窓あるじゃん。うちの教室ガタが来てて外れるの。校内にはどっかの使われてない教室に侵入して、窓のカギを開けとけば大丈夫だし」
「そもそもそれが犯罪」
「学校に侵入ぐらいなら可愛いもんでしょ」
 よし、休みの日の夜に仕掛けよう。
「一人じゃ怖いからあんたついてきて」
「えぇ~」
「小学生がいたら、もしも見つかってもごめんなさいですむでしょ。来年入るから、見てみたかったって。見つかった場合はお墓も撤収」
「あ、ママねぇ、この前ねぇ、良い物買ってきたの。ボイスレコーダー。本当はペン型のカメラもあるけど、さすがに録画時間が足りないものね」
「ちょ……そんなもの何に使うんですか? 私は浮気なんてしてないよ?」
「可愛い娘を苛めてくれたクソガキが、どんな悲鳴を上げるか楽しみだわぁ」
 父さんの訴えは当然無視される。
 私達は三人で、効果的な仕返しの方法を話し合った。
 ごはんが美味しい。


backmenunext
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2010/06/06   推定家族   769コメント 8     [編集]

Comment

 

のえる5908     2010/06/06   [編集]     _

家族団らんで(お父さん以外)相談し合って楽しそうなのに話してる内容が…内容が!!

ぽんた5910     2010/06/06   [編集]     _

黒い…黒すぎる

-5911     2010/06/06   [編集]     _

スゲェ…家族(父含む←ヘビ脱け殻提供)でイジメ返し相談…!
なんて頼もしいんだ!

とーこ5912     2010/06/06   [編集]     _

分かりにくくてすみません。抜け殻提供は弟です。
父はただ弟に慰められているだけです。

-5913     2010/06/06   [編集]     _

そういえば、父初登場なんですね

-5914     2010/06/06   [編集]     _

父が……www
なんというか血筋ですね

れい5915     2010/06/06   [編集]     _

血筋…お母さんのねっっ(両親から、て言ったらお父さん泣いちゃいますよう(^^;)
この家族。いいですねえ。
もっと家族団らんいっぱい見たいですっっ

-5916     2010/06/06   [編集]     _

弟が父を慰めて、弟は父に似たのかと思いきや実はきっちり母に似ていたという反撃が。すげぇ!


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.