白夜城ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

--/--/--   スポンサー広告     [編集]

5


 カランが目を開くと、知らぬ部屋に驚いた。
 飛び上がり、身を起こした所で思い出し、静かに息を吐く。
 ストレッチをして身をほぐし、着替えてそっと部屋を出る。人がいないので、足音を殺して歩く。
 ポケットに入った、セーラにもらった謎のスプーンは、動くと跳ねて少邪魔であった。
 ここは何かの地下組織の内部だ。そうでなければ、わざわざ入り口を隠したりなどしないと、カランは経験で知っていた。自然と歩みが慎重になった。
「あ、待って!」
 背後から声がかかった。ハーティだ。彼女も竜であるとカランはウルから聞いていたので、油断はしない。
「だめだよ、一人で出歩いたら。知らない人に会ったら大変だよ」
「どうして?」
「乱暴な人もたまにいるから」
 カランが知る中で最も乱暴なのはミラだった。ミラに比べれば、他の人間は取るに足らない。呪文さえ完成させなければ簡単に殺す事が出来る。ミラ以外に厄介なのは、人でないアディスとその両親である竜達。彼等だけが、カランの脅威であった。ハーティも竜なので油断できない相手ではあるが、他の竜達に比べると脅威とはほど遠い。
「顔を」
「洗いたいの?」
「う……はい」
 アディスの言いつけを思い出して言い直す。それを見てハーティが笑った。
「カランはいい子だね。こっちだよ」
 ハーティに手を引かれ、見知らぬ人間と擦れ違う。
 洗面所にたどり着き、触れるだけで水の出る装置にカランは驚き、何度も水を出して遊んだ。
「おや、カラン。気に入りましたか?」
 背後から声をかけられ、カランは振り向いた。
「う……はい」
 カランの言葉を聞いて、アディスもたまらず吹き出した。
「おはようございます、ハーティ、カラン」
「おはようございます、アーネス様」
「……おはようございます」
 カランはハーティを真似て挨拶した。
「カラン、そういう道具に興味がありますか?」
「はい」
「では、面白そうな道具も買いに行きましょう。安い物ではないですが、この国では珍しい物でもありません」
 カランはアディスを見上げた。
 まだ子供の竜。
「高いのに?」
「私はお金に不自由した事がありません。無駄な買い物は許しませんが、生活に役立つ物なら、惜しむ必要がありません。
 カラン、こういう時にどう言うか分かりますか?」
 アディスは首を傾げて問う。
 カランはいつもセーラに言われている事を思い出した。
「ありがとう」
 お礼は大切だと、よく言われるのだ。
「いい子です。顔を洗ったら、食事にしましょう」
「はい」
 カランは顔を洗うと、二人に手を引かれて入り口のバーにやってきた。
 そこではモリィと名乗るセーラが、カウンターの高い椅子に座っていた。この姿のセーラは、カランと近い年頃の子供だ。本来の彼女は、小柄だが大人に近い年齢の女であるため、子供の姿をしていると、見た目と精神年齢が釣り合わず周囲に違和感を与える。
「あ、カラン。おはようございます」
 セーラが振り返り、偽物の顔に笑みを浮かべる。顔は違っても、彼女は彼女だ。いつものように笑いかけ、いつものように働いている。
「おはようございます」
「顔は洗いました?」
「はい」
「じゃあ、朝食にしましょう」
 セーラは椅子から降りて、カウンターの上にある皿を持った。
 どこにいても、ちょこちょこ動いて何かをしている。
「手伝う」
「じゃあ、これをその丸いテーブルに。アーネスは何を飲みますか?」
「ジュースを」
「カランはお水とジュース、どっちがいいですか?」
「……ジュース」
 カランはいつも水を飲むが、アディスを真似た。
「わかりました」
 セーラが笑い、再び細々と動き始める。
 カランはそんな風に動くセーラが好きだった。



シャボネット


水道を見ると、未だにこれを思い出す。
泡になる容器に入れると、ちゃんと泡立つのでお得です。
しかも希釈して使うので、なかなか無くなりません


誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2010/02/20   下書き   687コメント 3     [編集]

Comment

 

-5349     2010/02/20   [編集]     _

セーラはほんとアレなのには好かれますねー
幸運がこういう形で発揮されてるのかな?

ノクシャス5351     2010/02/21   [編集]     _

カランかわいい・・・。

とーこ5352     2010/02/21   [編集]     _

アレなのに好かれるのは
アディスが金運だけはいいみたいなもんですね


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。