白夜城ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

--/--/--   スポンサー広告     [編集]

2
 馬車が止まり、外に出る。
 関所のような所があり、その入り口付近で作業をする知らない生き物と目が合った。
 例えるならば
「サンショウウオみたいです」
 大きなサンショウウオが二足歩行で歩いている。彼はノイリを見るとわたわたと手足をばたつかせ、慌てて逃げた。しかし土を入れた籠を置いていったのを思い出し、もう一度取りに来て再び走り去る。
「可愛いです」
「ちょ…………ノイリ?」
 エンダーが手を伸ばして、変な顔をする。
「か、可愛い?」
「可愛いです。慌てた姿がとっても可愛かったです」
 大きな顔に、小さな手足に分かりにくいが、つぶらなおめめ。
 これはこれでとても可愛らしい。
「ノイリが怯えなくてようございましたね、エンダー様」
 ヘイカーは笑いながら言って、中に入っていく。しばらくすると、彼は中から白い地族を連れて戻ってきた。
「おひさしぶりでございます、エンダー様。遠路遙々、ようこそおこし下さいました」
 白い地族は頭を下げた。真っ黒でつぶらな目に、襟のような先がちょっとピンクなひらひら。
 ノイリより小柄なその地族に見上げられ、ノイリは胸がきゅんとした。
「か、可愛いですぅ」
「まあ、これならわしも理解できるな」
 真っ白でピンクなところもあって、とってもとっても可愛い。
 彼はノイリを見て固まったように動かないでいるのが、少し不思議で可愛い。
「ユリア様、ああいう子が四区にもいるんですか?」
「さあ……私は初めて見る」
 リムメルに問われ、ユーリアスも彼を見て腕を組んで悩む。
「これは突然変異で、身体が弱くてな。見てのとおり姿が可愛らしかったためか、人間に育てられたんだよ。他の地族よりも頭がよくて、読み書きも出来る。人間では出来ない地族に直接指示を出しに往く事も出来るし、魔族からの受けもいいから重宝しているよ」
 可愛いのにすごいのだ。
「エンダー様……そちらの天使のようなお嬢様は?」
「これは天族のノイリだよ。おまえさんはどうして天使なんぞ……ああ、人間と暮らしているから天使を知っているのか」
 ノイリはきょとんとして二人を見る。
「こほん。失礼いたしました。今日は可愛らしいお嬢さん方をお連れですね。しかし見学して楽しい施設はございませんが」
「わかっているよ。ここは畑にするための穴だからな。それをこの四区王のユーリアスに見せに来たんだよ」
「四区王様でございましたか。ご挨拶が遅れて申し訳ございません。私は案内を勤めさせていただきます、トトと申します」
 ぺこりと頭を下げる姿がまた可愛い。ふかふかのマルタとは違う可愛さだ。ちょっと口を開けるとまた可愛い。
「エンダー様、まずは休憩なさいますか。それとも見学を先になさいますか?」
「見学を先に。話が伝わり、いつもと違う仕事を見せられたら意味がないからなぁ」
「かしこまりました。ではこちらにどうぞ」
 歩き方も可愛い。
 階段を上って、見張り台のような部屋に案内された。
 人間が一人いて、管に向かって話している。
「お仕事中悪いが、エンダー様と四区王様がいらっしゃいましたよ」
 人間は指示するのをやめてこちらを見た。人間だ。本当に人間だ。
 ノイリは嬉しくなって、翼が広がる。
「て、天使様っ!?」
 人間の男性は叫んだかと思うと跪いた。
 ノイリは周りを見回した。
「天使様、どこ、どこですか?」
「お前さんの事だろう、ノイリ」
「ええっ!? 私はただの天族です」
「天使として育てられてたんだよ、お前さんは」
「どうしてですか?」
「見栄えがいいからじゃないか? それっぽい感じがするからなぁ、お前さんは」
「んん……エンダー様はそんな事が分かるなんて凄いです」
 エンダーはなぜかため息をついて頭を撫でてくる。
 ノイリはわけが分からずに人間と、エンダーを見比べた。

backmenunext

私にとっての萌え本

カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2008/12/15   窖のお城   346コメント 14     [編集]

Comment

 

とーこ1483     2008/12/15   [編集]     _

毎度の事ですが、某カードゲームでこの手の生物に目覚め、心の底から可愛いと思っております
よく水族館に売っている、オオサンショウウオぬいぐるみが欲しいです

もっと早く出してあげたかったけど、出してあげる機会が来ずにずるずると
誰が何と言おうと、エンダーに続く私にとっての萌えキャラです

1484     2008/12/15   [編集]     _

う・・・うーぱーるーぱー・・・
不完全変態・・・

うん、私も好きです

N1485     2008/12/15   [編集]     _

ノイリとルーちゃんって感覚が似てますね。トトちゃんはアルビノなんでしょうか?
トカゲも可愛くて好きですが、カモノハシもいいですよ~
ノタノタと歩く愛らしい姿ですが毒ヅメ持っていて哺乳類なのに卵生…
そんな訳わからないところが魅力です。

リューシスティックという言葉を初めて聞きました。
アホロートルをググる……かわいいピンクの生物!目覚めそうですw
とーこさんは爬虫類両生類好きはガチだとわかりました。

とーこ1486     2008/12/15   [編集]     _

アホロートルのアルビノはちょっと怖いので、トトはリューシスティックです。
仕草のすべてが萌えです。あくびする顔がとっても好きです。
サンショウウオも可愛い。
オオサンショウウオとか、とても憧れます。マジで絶滅しかかっているので、国はもっと手厚く保護すべきです。

カモノハシは普通に可愛いですね。毒がある所が萌え要素です。

1487     2008/12/15   [編集]     _

かなり最初の方にあった誤字っぽいものを。

城一族→白い地族

オオサンショウウオは面白いとは思えますが、かわいいかといわれるとちょっと……
地族をかわいいと言っているノイリの様子はかわいいと思いますがね(当然か)。

-1488     2008/12/15   [編集]     _

私もオオサンショウウオかなり萌えです!
あんまり言うとキモイっていわれるんでいえないのに好きな人がいてうれしい~。

ぐーぐるで「オオサンショウウオ人形」って検索したらこの萌えな気持ちわかってもらえると思うです。

ヤカエ1489   地元自慢(?)   2008/12/16   [編集]     _

故郷に「はんざけ資料館」というオオサンショウウオの資料館があります。
「はんざけ」とは「半裂け」つまり特徴的な大きな口をさした、地元の呼び名です。
オオサンショウウオがたくさん飼われてます。
ガラス越しに見つめ合うと彼らはとってもユーモラス。

takk1490     2008/12/16   [編集]     _

なるほど、両生類ときましたか。かわいいですよね。自分はイモリしか見たことはありませんが。個人的には、昆虫系の節足動物かと危惧していたので(オケラとか。仕草がかわいいのです、萌なのですよ)しかしりゅー視スティックは見たことがないので、自分の印象もアホロートルかと。とーこさんは怖いっていってましたけど、アホロートルだって十分にかわいいのです。自分は一度真剣に飼うことを検討しました。

うなぎ1491     2008/12/16   [編集]     _

うわぁ・・・これは萌えるww
白い子なんて完璧愛でるべき存在じゃないですかw
のたのた歩く姿とか可愛すぎる。
ちなみに地族の皮膚は鱗系ですか?それともやっぱり粘液系ですか?

-1492     2008/12/16   [編集]     _

うちの高校生息地に近かったから、生物部でオオサンショウウオの生態調査してました。
夏に川行って、80cmとか90cmとかのを二、三十匹捕まえて。
楽しかった。

とーこ1493     2008/12/16   [編集]     _

ウーパールーパーという名で流行ったのは、かなり昔の事ですが、今の子には通じるのだろうか。
リューシスティックというのは、色が白くて、目が黒い子です。アホロートルの中では一番可愛い。
トトの肌はつるつるです。
地族は両生類っぽい系統なだけで、両生類ではないので、乾いても死んだりしません
エンダーは蛙呼ばわりされていますが、さすがに地族に似ているとは言われません。

オオサンショウウオは不気味で格好良い可愛さですが、普通の小さなサンショウウオは、たぶん普通に萌え系だと思います。

迷い仔猫1494   オオサンショウウオ・・・?   2008/12/16   [編集]     _

ヤモリは好きなんです。窓ガラスに映ったお腹とか吸盤とか。オオサンショウウオは・・・。
さっき、ヤモリのギャラリーを見つけましたので、もしよかったら見に行ってください。
http://members2.jcom.home.ne.jp/yamori/
可愛かった!

G.G.1495     2008/12/16   [編集]     _

サンショウウオというと、岡崎二郎さんが「ファミリーペットSUNちゃん!」という地族のように擬人化したオオサンショウウオのマンガを描いてますね。
きっと、とーこさん好みだと思いますよ。

しったら1496     2008/12/16   [編集]     _

サンショウウオ系だったんだ!
そうきたか!という感じ(^^)
キノコ(菌類)かな?それともカタツムリとか??
とぜんぜん違う方面を想像してた。。。


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。