白夜城ブログ

蜂で生活する番組を見て、思い出した。
昼神温泉に行った時、何気に食べたレーズンバターめいた物が美味しくて完食し、何なのか聞いたらレーズンじゃなくて蜂の子だった。
美味しかった。すごく美味しかった。
美味しかったけど、もう食べるの無理。知らないから食べられた。
そんな記憶が蘇りました。
その旅館、料理美味しいからよく行くんだ。鯉もそんなに好きじゃなかったのに、その旅館のはすんごく美味しかった。
私は食い物の事だけは忘れません。


そういえば蒟蒻畑が復活するそうですね
それはめでたい事だけど、弾力を減らすそうです
悲しい。
本当にさようなら、昔の蒟蒻畑……
野田聖子が憎いです。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2008/11/27   日記   328コメント 3     [編集]

Comment

 

お酢1413     2008/11/29   [編集]     _

カエル肉も知らせなければ皆おいしいとパクパク食べるそうです。
やっぱイメージって大きいですね。

野田は自社のこんにゃくゼリー売りたいだけですからね・・・

とーこ1414     2008/11/29   [編集]     _

カエルは私も平気です。普通に美味しいです。
ただ、虫だけは……
あの足とか、羽がダメなんですよ

消費者の敵を消費者の味方で無ければならないところに置くのやめて欲しいですよね
求めるのはモンスタークレーマーじゃないっての

朝川双燕1415     2008/11/29   [編集]     _

どうもはじめまして。
いつも楽しく読ませてもらっています。

蛙は一度食べてみたい気がします。
昔、実家でありあわせの具材で作った丼物を食べてて
海老の尻尾みたいな食感があって確認してみたら
イナゴの佃煮が敷き詰めてあったことがありました。

目が点になりましたが
自分の中の何か壁のようなものを突破したようで
そのまま完食しました。

第三者の我侭で慣れ親しんだ物が食べれなくなるのは
やっぱり腹が立ちますね・・・


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.