白夜城ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

--/--/--   スポンサー広告     [編集]

37

「ハルカちゃん、ほんとごめんねぇ。機嫌直して。映画連れてってあげるから。ディナーもごちそうするからぁ」
 トキさんがハルカさんのご機嫌取りに、肩をもんで映画のチケットを見せる。
 ハルカさん好みのクールでタフな美人が活躍する映画だ。
「別にぃ、二度と来こなけりゃいいんだけどぉ」
 ハルカさんはこの前の通称「屑男」と書いて「クズオ」と読むストーカーな詐欺師のご両親が持ってきたお菓子を食べながら言う。
 お菓子には罪はないし、お菓子は美味しいからいいのだそうだ。
「トキさん、あの人なんだったんすか? ハルカさんの記憶にはないらしいけど」
「なんか借金があるらしいわよ。そこそこモテるみたいで、貢がれてたんだけど、それもパチンコと競馬で使い込んじゃったらしいわ。
 ハルカちゃん、男から避けられるタイプだから、男慣れしていない、簡単に落とせるって脳内変換されてったみたい。化粧をすれば意外と好みだったのもありそうだけど」
 まさしく屑男。
 最低だ。クズだ。男の風上にも置けない。
「ハルカさんみたいなプライドの高い美人が落とせると思うなんて、信じられない」
「……ハルト君は良い子ねぇ。ハルカちゃんをプライドの高い美人だって。協調性のないだけのハルカちゃんがプライドの高い女なんてっ!」
 ハルカさんがトキさんを睨みつけている。
 ハルカさんはプライドは高いと思うけど。だからこそ目の前で腹の立つことをされると手を出してしまうタイプだ。自分なら簡単に行動するようなことで、うじうじしているのを見ると腹が立つから手を貸す。
 それでけっこう彼女を一方的に慕っていた人はいるらしい。
 そのとき、玄関のチャイムが鳴る。
「はーい」
 立ち上がろうとすると、トイレに行っていたハルナちゃんが出てくれた。
「きゃぁぁぁぁぁっ」
 ハルナちゃんが悲鳴をあげた。
「ハルナっ」
 真っ先に動いたのがハルカさんだった。俺たち男はハルカさんに続いて玄関に向かう。
「てめ、屑男っ」
 屑男が玄関にいた。
 何やら誤解があってどうこうとハルナちゃんの腕をつかんで話している。見た目だけなら穏やかな好青年だからたちが悪い。ハルカさんぐらいばっさりしているから気付いたけど、騙されて流されていたら気づきにくいだろう。
「うちの子になにしてんだテメェっ!」
 ハルカさんが屑男の腕に手刀を振り下し、ハルナちゃんを抱き寄せた。
「ハルナちゃん、短縮1」
「うんっ」
 ハルナちゃんがリビングの電話に向かおうとしたとき、
「ちょっと、何してるの!?」
 女の人が入ってきて、屑男を羽交い締めにした。
 よく見れば、屑男に騙されて一緒に来たハルカさんの後輩。
「もう、何考えてるの!? ダメって言ったじゃない!」
 美人さんの悲痛な叫び。悲痛だ。なんて非道い男だろう。
「ええと……ええと……何してんの? こいつと親しかったの?」
 ハルカさん、名前は覚えてないらしい。
「い、イトコなんですっ。
 もう、恥ずかしいっ! 最低っ! お兄ちゃん、持ってって!」
 後輩さんのお兄さんらしき人が入ってきて、屑男を連行していった。
 身内か。身内だからこそ余計に悲痛。
 ひたすら頭を下げる後輩さんが、すごく可哀想でならなかった。
「先輩、ほんっとごめんなさい! お詫びに今度うちのお店でおごるんで!」
「君の家は確か和食のお店だっけ? 煮物が美味しい」
「はい」
 ハルカさんは満足そうに頷いた。
 買収された。ハルカさんが買収されてしまった。
 ハルカさんが良いなら別に良いけどさ……。
 名前よりも煮物で相手を認識するのはどうかと思う。
backmenunext

誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2008/11/24   推定家族   324コメント 8     [編集]

Comment

 

-1392   チケットは、   2008/11/24   [編集]     _

自腹なんだろうか。トキさん苦労してるなぁ・・・。

-1393   名前より   2008/11/24   [編集]     _

食べ物なあたりがハルカさんらしいと言えばらしいですね。それにしても屑男……本当にどうしようもないですねぇ

-1395   やっほっー   2008/11/25   [編集]     _

推定家族が更新されてるー
真面目に駄目だな、この男。
警察にご厄介になるのも時間の問題だ。

迷い仔猫1396     2008/11/25   [編集]     _

一体、何しに来たんだか。
恥を上塗りしてどうする!?

うなぎ1397     2008/11/25   [編集]     _

女性の腕を掴むのは犯罪だ。セクハラだし暴力。
こんな屑は焼却処理でもされればいいのに。

社怪人1398   クスリ…   2008/11/25   [編集]     _

バカにつけるクスリはない。というけれど…
ホントに屑男にはつけるクスリはないなぁ。

『諦める』とか『省みる』とか頭ン中の辞書に入ってないんかね?

とーこ1399     2008/11/26   [編集]     _

ちなみに、タイミングよく後輩が現れたのは、偶然イトコがまた怪しい動きをしていたのを発見し、兄を呼んで後をつけました
兄を呼ぶ間に見失い、慌ててハルカの家に駆けつけたら案の定いた、と。

ちぃ=です。2147   読み返して   2009/02/02   [編集]     _

久ぶりに読み返してみて思いましたが、ハルカさんの性格って何となく詐欺師のルゼちゃんに似てません?そう思ったのは私だけかな??というか、この手のバッサリとした性格方は大好きです。ハルカ様様です。詐欺師も好きですが、推定家族。早く更新されないかな?楽しみです。とーこ様ファイト!!


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。