白夜城ブログ

テルゼの目的シーンの部分だけ、詐騎士と窖を同時に出す事にします。


秋です。美味しい季節です。たまらない季節です。
黒豆えだ豆をご近所の趣味で農業しているおじいちゃんから頂きました。
黒豆の枝豆は、粒が大きく甘みも強く、普通の枝豆とは比べものにならないほど美味しい。
お庭があったら私が作ってたってぐらいね毎年楽しみにしている枝豆です。画像は、もらってるのに一番近い丸々とした奴を選んできた。
これをほっとくと、見慣れた黒豆になる。去年はそれでお節作った。

あと別の人に美味しそうな銀杏を頂きました。今年は全体的に小粒。
最近は銀杏を封筒に入れてレンジで調理する人が増えてきたけど、やっぱり豆煎り
を使って炒って、塩をまぶすのが一番です。豆煎り、銀杏煎りとも言いますこれは、蓋がついてて殻がはぜません。
ぱんぱんと音がして恐いですが、安全です。
お塩はやっぱり精製塩では角が立ってえぐいので、丸みのある天然塩がよいです。
美味しくて酒飲みでもないのにバクバク食べますが、食べ過ぎると中毒にかかるので、小さなお子さんには危険なので食べさせないで下さい。
似たような所でどんぐりも美味しい。通学路沿いにあった丸々としたドングリが美味しすぎて、毎日拾って持ち帰ってた。

あとは天然キノコが食べられれば幸せなんだが、山の方に行く予定がない。
山の方でじいちゃんばあちゃんがよく売ってる、天然のシメジ、舞茸、ナメコの三つが大好きだ。
とくにナメコ汁は美味しい。天然のナメコは、スーパーのバック詰めと違って大きい。
これが美味しいの。
見た目は不格好だけど、美味しいの。キノコ汁が最高。お味噌との相性抜群。
香り松茸味しめじ。やっぱり金を払うなら、純粋に美味いモンに払いたい。
これに新米と秋刀魚でもあったら、もう私は幸せです。
今年はマグロが多いらしいし、残り数ヶ月、幸せな食生活だといいなぁ。


夕飯食べたばかりなのに、親のおつまみ食べてしまうので、皆さんにも是非肥えて頂きたいと思うので食べて下さい。
冬になったら嫌な時間帯にアンコウとかカワハギの胆とかセルガキについて語ります。考えるだけで今から楽しみです。
誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2008/10/23   日記   293コメント 5     [編集]

Comment

 

-1164     2008/10/23   [編集]     _

どんぐりってあく抜きしなくても食べられるんですか?
子供の時にどんぐりを使ったパンやクッキーを
作るのが夢だったけど、どんぐりが採れるところが近所にないのであきらめました( ´・ω・)

ちなみにどのような味がしますか?
栗っぽいのかナッツっぽいのか気になります。

とーこ1165     2008/10/23   [編集]     _

シイは炒めて食べてました。
スダジイって細っこい実なんですが、芳ばしい。
ナッツよりは栗に近いけど、炒めたぐらいじゃまだ硬い

何の木か分からない、丸っとした大きめのどんぐりが、食べたら甘くてめちゃくちゃ美味しかったんですが、未だにあれが何の実なのか……
ナッツ系に近い感じでした。

kuku1167     2008/10/23   [編集]     _

こんばんは、黒豆枝豆はおいしいですね。毎年車で走らせて、農家で買ってきます。どんぐりは、子どもが小学生の時学校の授業参観でコーヒーにして飲みました。あまり美味しくなかったですが・・・。

G1169   小学生の頃…   2008/10/24   [編集]     _

『どんぐりを生のまま食べるとしゃっくりが出て止まらなくなる』と言う「都市伝説」が一時期校区で流行った事がありました。

…なんか根拠があったんだろうか?

りいさ1200     2008/10/30   [編集]     _

こんにちは 初めまして
いつも楽しく読ませてもらっています
天然きのこですが 山の本シメジは大きいです
お店で売っている物の3倍くらいはあります
香り松茸と言いますが香茸という茸の方が匂いはとても良いですよ~
今年は主人が取ってきてくれたので 美味しくいただきました
しかし 息子は茸が大嫌い(泣)


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.