白夜城ブログ

34


「釣りの後はやっぱ女の子に料理してもらうのが楽しみだよなぁ」
 常盤さんが、揚げたてのフライにソースを掛けながら言う。
「そう思うなら、海釣りとかもっと食いがいのある物にすればいいのに」
「やぁ、気分気分。今の彼女は魚コワーイってタイプでさぁ。慣れると思ったんだけど、料理も下手だし、肉洗うし、反省しないし、そろそろ別れようかなって。俺も結婚とか考えながら付き合う歳になってきたからなさぁ。これだけは見た目や性格じゃ分かんないんだよなぁ」
 ハルカさんのようにいい加減な所があっても、料理と最低限の家事はするタイプもいる。掃除とか片付けはかなり苦手みたいだけど、汚部屋を作るほどじゃないし。ゴミ捨てさえ俺がしてれば、掃除を毎日するほどではなくても、薄汚れない程度にはしてくれるから目に見えてひどくなることはない。
「でも、ハルカちゃんバス好きじゃない」
「たまには新鮮な鯛とかも食べたいよ。それにブラックバスそのものは憎んでるからね」
 調理する時も、憎しみを込めてと言っていた。
「ハルカさんって、そんなに環境問題を考えてるんだ」
「違うよ。純粋にあの魚の存在が嫌いなの」
「ああ、元々いた美味しい魚を絶滅させるから?」
 食材だが、それ以外の食材を駆逐する食材は憎いと。ハルカさんらしい。
「違うよ。昔ねぇ、私金魚飼ってたの」
 金魚なら、俺でも飼ったことがある。すぐに死んだけど。
 両親と一緒に行ったお祭りの夜店ですくったんだ。なつかしいな。
「熱帯魚用のけっこう大きな水槽しか無かったから、それで育ててたんだけど、いつの間にかえらい大きくなってさ。純粋な子供だった私は、大きな水槽でも狭そうだからって、クソジジイの家の別宅にあった……今思うとけっこうデカイ池に可愛い二匹を入れさせてもらったんだ」
 池まであるのかじいちゃんの家。田舎だから大したことないと言うが、お屋敷なんだろうなぁ。別宅まであるし。
「そしたらさぁ、次に来た時どうなってたと思う?
 私有地の池なのに、なんでか外来魚が解き放たれて、知らない人が釣りしてた」
 そりゃ……ショックだな。
 じいちゃんの土地で、池なら普通なら他の魚なんて紛れ込まない。
「当たり前だけど、二匹ともいなかったよ」
 そりゃそうだ。大きな金魚と言えども、ブラックバスは食べてしまうだろう。
「まあ、よく考えたら鳥とかに襲われて食われてる可能性もあったわけだけど、それは自然のことだからまだ許せるよ。
 でも、人災だよ。
 むかついたから警察に突き出してやった。押されて怪我したから、クソジジイが怒ってさ、けっこうひどい目にあったらしいね」
 何だかんだと、孫が怪我させられるのは腹が立つらしい、じいちゃん。
 女の子だからな。
「ギョちゃんとピちゃんのような被害者を出さないためにも、犯罪バサーの駆逐を国は本格的にすべきだよ。本気で社会問題になってるのに」
「ハルカさんの熱い思いは理解できたけど……ハルカさん、昔からネーミングセンス最悪だったんだね」
 ギョとピだ。
 なんでピなんだ。
「世代の差って、嫌だね」
 ハルカさんが半眼閉じて俺を見た。
「ハルカちゃんのネーミングセンスが最悪なのは同感だけど、世代の差は嫌ねぇ」
「あったあった。懐かしいなぁ。
 学生二人は生まれてたかどうかも怪しいよな。ハルカちゃんの名付け方がちょっとアレなのは同感だけど」
 さんざんな言われように、ハルカさんの機嫌が急降下。
「ハルカさん、そんなに金魚が好きだったら、夏になったら金魚すくいしようよ。
 ギョちゃんとピちゃんでいいから」
「次つけるなら、ポとニョじゃないの? ニとモじゃさすがに意味分かんないし」
 トキさんの言葉に、ハルカさんがぎくりと肩を震わせた。
 考えてたのかこの人は!
「こ、今度は普通の名前を付けるもん!
 コハナちゃんとコタロウちゃん」
 花子太郎の変形であり、なんともハルカさんらしさがある名だ。
「ハルカちゃん、奇跡的に結婚して子供が出来ても、名前は旦那さんに付けさせなさいね」
「確かに、全力で旦那さんを説得しないとな」
 ひどい言われようだが、ハルカさんだから仕方がない。
 ゆとりなお花畑系の名前は付けないだけマシでも、やはり普通の名前を付けられる人が付けた方がいい。


backmenunext

  
崖の上のポニョ  きんぎょ注意報!

誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2008/07/18   推定家族   200コメント 10     [編集]

Comment

 

とーこ642     2008/07/18   [編集]     _

とくに好きというわけでもないのですが、母が洗脳されて歌っているので。
初めて見た時は恐いと思っていたのに、何度も見ると可愛いような気がしなくもなくなってきた。
ぬいぐるみは普通に可愛いと思ったんですが、売り切れてた。

-643     2008/07/18   [編集]     _

きんぎょ注○報・・・・・・!
ピちゃんはいくらなんでもアレすぎる。一文字て。

ハル644     2008/07/18   [編集]     _

コハナとコタロウ…、仮面ライダー?

とーこ645     2008/07/18   [編集]     _

コハナとコタロウは、ワンコが来ることが決まって、私が付けようとして即座に却下された名前です
ライダーは見てないのでよく分かりませんが、私のネーミングセンスとかぶる方がいるんですね

緑夏646     2008/07/19   [編集]     _

>コハナとコタロウ
偶然の一致…、それはそれですごい

647     2008/07/19   [編集]     _

なつかしいですね♪
私が小学生の低学年ぐらいの時だから…15年くらい前?
ギョピちゃんが踊る おしりふりふり♪

でもピちゃんは発音しにくいですね(笑)

ヒナ648     2008/07/19   [編集]     _

にしてもぎょぴちゃんか、懐かしいですね本当に。
あのオープニングは可愛かったなぁ♪

コタロウとコハナかぁ、
ダブルアクショ……いやいやなんでもないです。

649     2008/07/19   [編集]     _

ぎょぴちゃん、懐かしい(笑

わぴこの天気予報w

-650     2008/07/19   [編集]     _

きんぎょ注意報!小学生のとき大好きでした~懐かしい!!

とーこ651     2008/07/19   [編集]     _

これが分かるのはだいたい二十代ですよね。
少女雑誌のギャグマンガはやっぱりあのぐらいの時代が一番輝いてたような気がする。
チャチャとか。

ピちゃんは、ぴーちゃんと発音するとよいでしょう。


Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.