白夜城ブログ

http://www2.ichijinsha.co.jp/iris/
表紙とあらすじが出ていました。

表紙にいる一見、イケメン執事に見えるあれは、執事ではなく世間一般で言うところの聖騎士です。
聖職者です。戦闘職です。
ちなみに万能執事っぽいですが、雰囲気執事なのでメシマズです。味見の時点で気付かないのでアジオンチです。

最初、白い服だと執事っぽく書くのは難しいだろうと悩み、菫の姫の騎士だから、紫色でいいんじゃないかということで、気付いたらまた黒髪に紫黒の制服を着ているキャラが出来上がっていました。
中身はギルよりもよほどドSです。嫌いな相手限定ですが。
このように、間違った自己改革が今回のテーマです。
あと、不死者と踊れと互いに謎を補完しあっていたりします。
片方だけでも楽しめますが、両方読むと驚くと思います。
オススメは不死者、姫使徒と時系列巡に読むことですが、逆でも驚きについては同じかと。

画像が小さくて分かりにくいですが、肩に乗っているもふもふがかわいいです。
額の赤い石で分かる人にはあれが何なのか分かるでしょう。ちなみに女の子です。
とてもかわゆく書いてもらいました。
お見せできないのが残念ですが、ラフの野生を忘れたポーズが可愛いのです。
日傘の取っ手がとても凝っててステキです。
光の使徒なのに日差しに弱い姫は、日傘か帽子がが必須装備です。

キャラの存在を書くだけでネタバレになってしまう子が多いので、主人公二人以外あまり書けないのが寂しい。

発売日にゾンビ執事と、政略結婚ぐらいなら辞さない姫に死んでも結婚したくないと言われ、キルスに光聖会=クズという認識を植え付けた、光の使徒のアロの対決を掲載しようかと思います。

誤字の報告はこのフォームからお願いします


魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑 (一迅社文庫アイリス) 魔道書店の稀書目録 ペンの天使に悪魔の誘惑
7/18発売
盗まれた〈天使の書〉の噂を聞きつけてメイザス魔道書店にやってきたジールは、奴隷にのようにこき使われている天使達と出会い、〈天使の書〉を買い戻すために書写師として働くことになる。ジールにだけは優しい悪魔の如き美貌と性格と能力を持つ店主と、天使のような(見た目の)少女の魔道ファンタジー。

2013/11/20   お知らせ   1340コメント 0     [編集]

Comment

 

Pass:   非公開:    

.

最新記事のRSS

.

更新履歴 カテゴリ コメント

.

.

拍手

.

リンク

.



.

.

.